携帯電話会社系電子マネー アイディ・au WALLET

チャージの必要がないiD(アイディ)

アイディ

NTTドコモが運営し、クレジットカードのようにショッピングやキャッシングに利用できるiD(アイディ)は、おサイフケータイやiDカードをかざすだけで簡単に支払いができる便利な電子マネーです。
クレジットカードのように後払いになっているのが特徴で、利用限度額までなら自由に利用できますし、残高不足で利用不可になってしまう心配がありません。しかし、後払いタイプになっている電子マネーなので、申込むと審査が行われて、場合によっては審査落ちして持ちたくても持てないということもあるので注意しましょう。

iDは全国で48万加盟店で利用することができますが、プリペイドタイプの電子マネーのようにサッと申し込んで簡単に利用できるというわけではない点がデメリットと言えます。
プリペイドタイプの電子マネーだと、リンクさせなければいけないカードや銀行口座などは一切ないのですが、iDの場合には対応しているクレジットカードを持たなければいけませんし、おサイフケータイとして利用するならNTTドコモのキャリアでなければいけません。

auユーザーにオススメのau WALLET

au WALLET

プリペイド式の電子マネーとして大人気のau WALLET(auウォレット)は、携帯電話のキャリアがauなら誰でも気軽に持つことができます。
入会金や年会費がかかることはありませんし、申込みをした時に審査が行われることもないので、申込んだのに審査落ちしてもてなかったなんて心配はありません。また、シニア世代の祖父母が買い物する時や、学生の子供に持たせてもOKとなっているのが特徴です。
au WALLETを持つには、1つだけ条件があります。それは、携帯のキャリアがauでなければいけないという点です。この点をクリアしていないともてない電子マネーなので注意してください。

au WALLETの便利な点は、プリペイド式の電子マネーですがマスターのロゴがついていて、クレジットカードのマスターカードとしても利用することができます。
ショップによっては電子マネーを受け付けていなかったり、au WALLETには対応していない所がありますが、マスターカードに対応していれば利用可能なのでとても便利ですね。