個性的な電子マネー 楽天Edy・Rポイントカード・QUIC Pay

プリペイドだから持ちやすい楽天Edy

楽天Edy

タッチするだけで簡単に決済ができる便利な電子マネーとして人気の楽天Edy(エディ)は、最初に十分な金額を入金しておくことで使い過ぎを予防できるプリペイド式の電子マネーです。
一度カードを作っておけば、残高が0になってもチャージすれば再び利用できるようになりますし、プリペイド式なので申し込んだ後に審査が必要になることはなく、誰でも気軽に持てるという点がメリットです。

楽天Edyは、利用金額が200円ごとに1ポイント貯まる仕組みになっていて、ポイントを貯めることによって楽天ショッピングで利用できる楽天スーパーポイントとして還元できるという特典がついています。
楽天ポイント以外の方法には、Ponta(ポンタ)やマイルとして還元することも可能となっています。楽天ショッピングをよく利用する人や、楽天銀行を利用するなどの楽天ヘビーユーザーにとっては、一枚持っているととても便利な電子マネーと言えるでしょう。大手コンビニ5社すべてで利用できる電子マネーなので、コンビニをよく利用する人にもオススメです。

店舗でのショッピングにも使えるR(楽天)ポイントカード

Rポイントカード

日本最大級のネットショッピングサイトとして人気の楽天ショッピングモールを利用する人に便利な電子マネーと言えば、Rポイントカードではないでしょうか。
楽天でショッピングをすると貯めることができる楽天スーパーポイントを、Rポイントカードを使えば街でのショッピングで貯めることも可能となります。
もともとはバーチャルな部分からスタートしたのがRポイントカードの特徴で、他の電子マネーであるEdyとコラボさせることで楽天ポイントが貯まりやすくなったり、サークルKやミスタードーナツなど全国各地のショップでの支払いに利用することでも楽天ポイントを貯める機会をゲットできます。

このカードの魅力は、楽天ショッピングモールのルールとなっている「1円=1ポイント」が電子マネーとなっても続いている点です。
サークルKをよく利用する人のように加盟店をよく利用する人なら、支払い方法をRポイントカードに変えるだけで超スピードでポイントが貯まりますし、貯めたポイントは楽天でのショッピングで現金として利用できるというメリットがあります。

いろいろな形態で利用できる便利なQUIC Pay

QUIC Pay

電子マネーとして大人気のQUIC Payは、チャージする必要がないポストペイタイプの電子マネーです。上限は2万円までと他の電子マネーと比較すると少額ですが、普段の生活では十分な金額ですし、使い過ぎ内容に自分自身で管理しやすいと利用者からは好評です。
QUIC Payの特徴は、専用のカードを発行してもらうこともできますが、おサイフケータイとして利用できたり、現在NANACOカードを持っている人なら、QUIC Pay機能を追加することでカードの枚数を増やすことなく使えるという魅力があります。
さらに、JCBカードに付加できるキーホルダー型や、現在持っているクレジットカードにQUIC Pay機能を付加するタイプなど、たくさんの携帯で利用しやすい環境が整備されている点は、QUIC Payならではの魅力と言えるでしょう。

QUIC Payが利用できるショップには、ローソンやサークルKなどのコンビニをはじめ、ヨドバシカメラやHMBVなど様々なショップがあります。加盟店数は全国で29万店となっていて、あらゆるシーンで活躍してくれる一枚となっています。
ポストペイタイプなので、申込む際には審査がある点は注意しましょう。